パソコンでいい音を楽しむ方法!D/Aコンバーターやヘッドホンアンプを使うのがおすすめ!

josei-pc

パソコンでいい音を楽しむには、ケース式のデスクトップPCで設置スペースがあれば、よいサウンドカードやボードを設置してより良い音を楽しむことができます。

D/Aコンバーターを搭載してノイズを低減させるものやヘッドホンアンプを搭載しているものが多いようです。

サウンドカードやボードの価格は8000円程度のものから、5万円を超すものまで用意されています。

USB接続のサウンドボードの装着をするという手もある

画面との一体型デスクトップやノートパソコンではそこまでのスペースに余裕がないものも多いため、USB接続のサウンドボードの装着をするという手があります。

ヘッドホンアンプを搭載することで、サウンドをさらに細部まで楽しむことができる機器などが発売されており、5000円程度の値段から手に入れることができます。

パソコンの音声をスピーカーでいい音を楽しみたいという方はPCスピーカーを装着するという方法もあります。

オーディオメーカーが製作しているものが多く、3.5mmステレオミニジャックによる接続と外部からの電源供給の方式が多いため、ほとんどのパソコンに装着することが可能です。

中には、いわゆるステレオシステムの高さ30センチくらいある大型スピーカーでパソコンをステレオシステム代わりに楽しむ方でも十分に満足できるという製品や、5.1サラウンドサウンドに対応した7スピーカーもの機種などもあります。

ノートパソコンで外でいい音が楽しみたい場合

ノートパソコンで外でいい音が楽しみたいという場合にはUSBから電力が供給されるタイプのポータブルPCスピーカーを使うと良いでしょう。

更にハイレベルないい音の楽しみ方としてはパソコンにSACDプレーヤーを接続するというものがあります。

SACDはスーパーオーディオCDの略で、超高音質なCDのことですが、パソコンでは再生できず、専用のプレーヤーを接続して再生することになります。

接続機器の種類は少ないのですが、高級オーディオメーカーの60万円近いモデルではSACD音源の再生だけではなく、PCに保存されている音源も高音質のアンプ回路や32bitデジタル・シグナルプロセッサーによってPCM音源を最大384kHzにアップサンプリングするなど、極限までいい音で楽しむことができる機器となっています。