パソコンの寿命を伸ばしたい!長く使うためにすべきこととは?

dhsds
皆さんはパソコンをどのくらいで買っていますか?

私がはじめて購入したのは、パソコンが1台はウン十万円もする時代でしで、それから比べると最近のパソコンはかなり安くなりました。

しかし、いくらパソコンを安く買ったとしても、ウン万円してしまうパソコン、できれば長く使いたいですよね。

今回はせっかく買ったパソコンを長く使うためのポイントをご説明します。

ウイルス対策ソフトをインストールする。

パソコンを使っていて一番怖いのは、ウイルスに感染してパソコンを使えなくなってしまうこと。

最近はウイルス対策ソフトも無料でも優秀なものが増えています。

Microsoft Defenderや、Avastといったウイルス対策ソフトを活用してください。

インターネットでいろいろと情報を調べていると、いろいろなサイトに情報を見に行くことがあります。

そんな時、危ないサイトに入ろうとするとウイルスソフトが「ここは危ない」と教えてくれます。

安心してパソコンを使うためにも、ウイルス対策ソフトはまずインストールしましょう。

使わないソフトはインストールしない

パソコンをうまく活用するためには、いろいろな「ソフト」と呼ばれるソフトをインストールすることになります。

この「ソフト」も無料で使えるものも多く、活用できると非常に便利です。

しかし最近、無料ソフトをインストールしようとすると、「このソフトウェアもおすすめです」といったメッセージで、無料ツールに関係のないソフトもインストールしようとします。

「使わないんだったら、枯れ木も山の賑わいで良いんじゃない」というのは大きな勘違い。

ソフトウェアをインストールするとき、OSにいろいろな情報を書き込みます。

この情報が増えれば増えるほど、パソコンの動きはどんどん鈍くなってきてしまいます。

パソコンを快適に使うために、必要のないソフトウェアはインストールしないようにしましょう。

いらないデータは定期的に掃除する

最近はハードディスクの容量も多くなってきて、知らず知らずのうちに不必要なデータでいっぱいになっていることもあります。

ハードディスクに余裕がなくなってくると、ソフトウェアやOSがきちんと動かなくなることがあります。

ハードディスクの残り容量が全体の2~3割を切ると不安定になると言われています。

必要ではないデータは定期的に削除したり、普段は使わないデータはCD-RやDVD-Rに保存してハードディスクからは削除するなどしてください。

今回ご紹介したポイントは細かい部分ですが、こうした部分に気をつけることができればパソコンを安定して長く使うことができます。