パソコンの解像度の解説。フルHDやWXGAって何?ノートPCには合わない?

4891563

パソコンの画面サイズを表すのに“フルHD”とか“WXGA”という言葉がありますが、これを画面の解像度と呼び画面に表示できるドット(点)の数を表し、デスプレイ(画面)の大きさ、すなわちサイズ(単位はインチ)を表しています。

フルHDとは

“フルHD”とは、解像度の規格のひとつで1920×1080の大きさであり、地上デジタル放送やブルーレイデスクは“フルHD”の規格が使われています。

WXGAとは

また、“WXGA”とは1280×768の大きさであり現在のデスプレイ画面の標準的解像度として使われています。

サイズは単に見た目の呼び方で「15.4型」ワイドとあれば画面の対角線の長さが15.4インチでワイド画面のデスプレイであるということになり、「1024×768」と表示されていれば、これが解像度で横幅が1024個のドットで表され、縦幅が768個のドットで表示されるという事です。

解像度が高いと画面に表示できる情報量も多くなる

ですから解像度は、その画面がどれほどの点で表示できるか?ということなので画面のきめ細やかさを表し数字が大きければキメが細かくなって画面が綺麗に見える感じになるわけで、解像度が高いと画面に表示できる情報量も多くなるメリットがあります。

画面の情報量を表示する時にデスプレイやプリンターで使う“ドット”というハード的表し方と画面の情報量のソフト的表現で“ピクセル”という表し方もあります。

パソコンを購入する際に画素数の大きなパソコンを単に買えば良いというわけではなく、サイズが大きい画面に解像度が高いパソコンは問題はありませんがサイズの小さなノートパソコンなどで解像度が高くなると画面に表示される情報量が多い為に文字も小さくなり使いずらいパソコンになってしまいます。

特に、パソコンで画像編集をしたい場合などは、画面の解像度が非常に重要になってきます。画像編集をしたい方は、こちらのページなどを参考にして、適していないパソコンを買わないように注意してください。

高解像度のパソコンは消費電力が多くなる

高解像度のデメリットとして消費電力が多くなるためにノートパソコンにはお勧めできません。
デスクトップ型パソコンに向いているといえます。

ですから購入したパソコンでDVD動画や地上デジタル放送やブルーレイデスクを楽しみたいと思う方は“フルHD”の解像度の1920×1080のサイズのパソコンをお勧めします。

パソコンの解像度を説明する時に伝えやすいものにデスクトップの背景画の「壁紙」があり、気分で変えたりすると気分転換に有効なものです。

ぱそこんには複数のサイズの壁紙が用意されており、インターネットのサイトから手軽に、気に入った壁紙がダウンロードできますので最も適したサイズの壁紙を使いましょう。

風景や草花、女性像など様々ありますのでパソコンを立ち上げる際に必ず表示される画面ですから購入時の堅い壁紙はやめて、お気に召した壁紙を使って楽しみましょう。こちら

パソコンのセキュリティ対策!有料ソフトと無料ソフトでどう違う?

0a8b2fae0d1fb14e31ed2bbdbae4ee66_s

パソコンのセキュリティ対策について一言でまとめると、「品質の良い有料セキュリティソフトを導入すること」となります。

これだけだと身も蓋もないので詳しく説明します。

有料と無料のセキュリティソフトがある

まず、セキュリティソフトには有料のソフトと無料のソフトがあります。

当然有料のソフトの方が無料のソフトよりウイルス検知力が高いと思われるでしょうが、実はそうではありません。

意外に思われるかもしれませんが、無料のソフトであるアビラのウイルス検知力は、有料セキュリティソフトに引けをとらないこともあります。

他にもそれなりに優秀な無料のセキュリティソフトがいくつかあります。

では有料のセキュリティソフトはいらないのでは、と皆さん思われるでしょうがそれは間違いです。

無料のソフトには、無料なりの弱点があります。

無料セキュリティソフトの弱点

例えば無料のソフトであるアビラには、ファイアーウォール機能がありません。

(ちなみに、アビラには性能が強化された有料版もありますが、ここではふれません)なので、ウイルスが検知できても防御力がないです。

それに対し、ノートンやカスペルスキーなど、有名な有料ソフトにはファイアーウォールがきっちりついています。

これに対応するために、無料のファイアーウォールソフトをインストールするという手もありますが、それでも、総合的な防御力は有料のセキュリティソフトの方が上です。

なぜなら、有料のセキュリティソフトは、ウイルス検知やファイアーウォール機能以外にも、各種の防御機能がついているからです。

有料セキュリティソフトの安心感

例えばカスペルスキーの場合、危険なサイトに足を踏み入れようとすると、ソフトの方で「そのサイトは危険だ」と判断し、勝手にサイトをブロックしてくれます。

無料のセキュリティソフトの場合、こういう機能はないので、有料のセキュリティソフトの方が1枚上手となります。

では、有料のソフトならなんでもいいのかというと、そういうわけでもありません。

有料のソフトの中にも、微妙な性能しかないソフトはいくつもあります。

それらのソフトを選ぶくらいなら、アビラに無料のファイアーウォールソフトを足したほうがましです。

有料ソフト最大手のノートン、性能が高いことで有名なカスペルスキー、意外に質が高いESET、この辺の品質のよいソフトを導入して、ウインドウズなどのソフトを常に最新版にアップデートしておくこと、それが、セキュリティ対策の王道だと言えるでしょう。

パソコンでいい音を楽しむ方法!D/Aコンバーターやヘッドホンアンプを使うのがおすすめ!

josei-pc

パソコンでいい音を楽しむには、ケース式のデスクトップPCで設置スペースがあれば、よいサウンドカードやボードを設置してより良い音を楽しむことができます。

D/Aコンバーターを搭載してノイズを低減させるものやヘッドホンアンプを搭載しているものが多いようです。

サウンドカードやボードの価格は8000円程度のものから、5万円を超すものまで用意されています。

USB接続のサウンドボードの装着をするという手もある

画面との一体型デスクトップやノートパソコンではそこまでのスペースに余裕がないものも多いため、USB接続のサウンドボードの装着をするという手があります。

ヘッドホンアンプを搭載することで、サウンドをさらに細部まで楽しむことができる機器などが発売されており、5000円程度の値段から手に入れることができます。

パソコンの音声をスピーカーでいい音を楽しみたいという方はPCスピーカーを装着するという方法もあります。

オーディオメーカーが製作しているものが多く、3.5mmステレオミニジャックによる接続と外部からの電源供給の方式が多いため、ほとんどのパソコンに装着することが可能です。

中には、いわゆるステレオシステムの高さ30センチくらいある大型スピーカーでパソコンをステレオシステム代わりに楽しむ方でも十分に満足できるという製品や、5.1サラウンドサウンドに対応した7スピーカーもの機種などもあります。

ノートパソコンで外でいい音が楽しみたい場合

ノートパソコンで外でいい音が楽しみたいという場合にはUSBから電力が供給されるタイプのポータブルPCスピーカーを使うと良いでしょう。

更にハイレベルないい音の楽しみ方としてはパソコンにSACDプレーヤーを接続するというものがあります。

SACDはスーパーオーディオCDの略で、超高音質なCDのことですが、パソコンでは再生できず、専用のプレーヤーを接続して再生することになります。

接続機器の種類は少ないのですが、高級オーディオメーカーの60万円近いモデルではSACD音源の再生だけではなく、PCに保存されている音源も高音質のアンプ回路や32bitデジタル・シグナルプロセッサーによってPCM音源を最大384kHzにアップサンプリングするなど、極限までいい音で楽しむことができる機器となっています。

ノートパソコン、タブレットそれぞれのメリット・デメリット。選び方は?

pcmage

外で情報端末を使いたい場合、ノートパソコンかタブレットは必須です。

では、ノートパソコンとタブレット、いったいどちらを使ったらいいのでしょうか。

これは、それを選ぶ人が、いったい外で何をしたいのか、外でその手のツールをどう使うつもりなのかによって決まります。

外で使いたいならノートパソコン一択

外でも必要があれば、色々な記事を書いたり文字を打ち込みたりしたい、そういう人の場合ノートパソコン一択です。

両方使ってみると分かりますが、少ない時間で大量の文章を打ち込むなら、ノートパソコンのほうがはるかに優れています。

ノートパソコンにはキーボードがついているので、きちんとブラインドタッチが出来るなら、タブレットとは比べ物にならない速さで作業が出来ます。

さらに、ノートパソコンはタブレットと違いパソコンなので、たくさんのソフトウェアを使うことが出来ます。

なので、ビジネスマンが外に持ち込むなら、ノートパソコンの方が便利です。

もちろん、ノートパソコンにも重くてかさばるというデメリットがありますが、作業能率の高さというメリットには及びません。

なので、外で文字の打ち込みなどの作業をする人は、ノートパソコンを選ぶべきです。

タブレットは買う価値がないのか?

ではタブレットには価値がないのかと言うと、そんなことはありません。

タブレットは、作業効率の高さという観点から見ると、ノートパソコンに劣りますが、持ち運びのしやすさや、起動の早さ、小さなスペースがあれば使える点など、小回りや携帯性において優れています。

なので、どこかに旅行に行ったり、外に遊びに行ったりする時に持っていくなら、ノートパソコンよりもタブレットを選んだほうが無難です。

ノートパソコンがいいか、タブレットがいいか:まとめ

なので、ノートパソコンとタブレット、外に持っていくならどっちがいいか、という問いに一言で答えると、仕事で使うつもりならノートパソコン、遊びで使うつもりならタブレットということになります。

自分がどういう目的でその情報端末を使うのか、そこを考えると、ノートパソコンとタブレット、どちらを選べばいいのかがわかります。

もちろん、ノートパソコンを遊びに使う事も、タブレットを仕事に使うことも出来ますが、それぞれの端末の長所と短所を考えると、効率重視ならノートパソコン、それ以外ならタブレットを選ぶのが無難でしょう。